楽天モバイルのキャンペーン

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」に家族割やプラス割はある?【複数回線の割引は?】


「Rakuten UN-LIMITを申し込みたい」

「家族割りやプラス割、複数回線の割引はあるのかな?」

こう考える方は、この記事を見てくださいね。

 

もり
こんにちは!管理人のもりです。

今回は、Rakuten UN-LIMITの家族割や複数回線割を調べました。

 

この記事の内容

  • Rakuten UN-LIMITの家族割や複数回線割は?
  • Rakuten UN-LIMITのお得な特典は?

 

 

 

【まず結論】Rakuten UN-LIMITの家族割や複数回線割

 

それでは、内容の前にまず結論から。

Rakuten UN-LIMITの公式や関連ページを調べましたが、家族割や複数回線割はありませんでした。

 

楽天モバイルの旧プランのときは、プラス割があり2回線目もお得でした。

Rakuten UN-LIMITはそのような複数回線による、特典はなさそうです。(公式の特典ページもチェックしました)

 

しかし、Rakuten UN-LIMITは、実際かなりお得なプランです。

Rakuten UN-LIMITには、4つの大きな特典があるためです。

【Rakuten UN-LIMITの特典】

  • オンライン契約+Rakuten LINK
    ⇒3,000楽天ポイント
  • Rakuten LINKの利用
    ⇒3,300楽天ポイント
  • スマホの新規購入
    ⇒9,500円~楽天ポイント
  • プラン料金
    ⇒1年間無料

 

つまり、Rakuten UN-LIMITの契約で、約5万円分ぐらいお得になります。

家族割や複数回線が無くても、十分メリットのあるプランになっています。

 

なので、私はRakuten UN-LIMITをおすすめします。

 

もり
お得ですよ。

 

Rakuten UN-LIMITは1年間無料!

楽天モバイル公式ページ

<公式の申込みページへ>

 

 

 

ここからは、楽天モバイルの旧プランの内容です。

現在は実施していない特典ですので、参考までにしておいてくださいね。

 

楽天モバイルのプラス割とは?

楽天モバイルのプラス割は、2回線目から1万円お得になるキャンペーンです。

キャンペーンの内容は?

キャンペーンの内容は2台目以降の月額基本料金が3カ月無料。さらに5,000円のキャッシュバックです。
(スマホセットなら、端末5,000円引き)

その他の概要は以下にまとめましたが、ポイントだけ言うと1回線目を『通話SIM』で申し込むと2回線目の割引を受けられるよって事ですね。

【キャンペーンの概要】

キャンペーン名 2回線目からもっとおトク!プラス割
キャンペーン期間 2018年10月1日~(終了未定)
対象者 ●1台目:通話SIMを契約中
●2台目:新しく契約する人
1台目の条件 ●通話SIMを契約していること
2台目の条件 ●スーパーホーダイ:全プラン
●組み合わせプラン:ベーシック~10GB
対象外 ●組み合わせプラン:20GB~30GB
対象機種 ●楽天モバイルのスマホ
●楽天モバイルのタブレット

ようは、2台目以降がお得になる、非常に分かりやすい条件ですね!

 

プラス割の具体的な割引額は?

実際にどのくらいの割引額になるのか?2つシミュレーションしてみました。

『スーパーホーダイをSIMのみで申し込んだとき』の割引額は以下の通りです。

スーパーホーダイ(プランS)のSIMのみ

月額基本料金3カ月+キャッシュバック

=5,940円+5,000円

=10,940円

この通り、ほぼ1万円の割引ですね。

もう一つは『組み合わせプランとスマホを申し込んだとき』の割引額です。

組み合わせプラン(3.1GB)+スマホ

月額基本料金3カ月+スマホ代

=4,800円+5,000円

=9,800円

この通り、組み合わせプランを選んでも、約1万円の割引になります。

 

もり
キャリアの解約金を帳消しにするくらいの割引ですね。

 

 

プラス割の対象者は?【子ども・友達・別居者・3回線】

プラス割のもう一つのメリットは『対象者の範囲が広いこと』です。

具体的に、どのような人が対象になるか?ご紹介します。

子ども(未成年者)の家族割として

まず、子ども(未成年者)はプラス割の対象なので、家族割として使えます。

通常、楽天モバイルが契約できるのは成人のみですが、『利用者登録』で子どももスマホを使えるためです。

例えば、親が1回線目を契約し、子どもが2回線目の利用者になればプラス割を受けられます。

言い換えると、以下のような状態です。

契約者と利用者

  • 親:1回線目:契約者
  • 子:2回線目:利用者
    ※契約者:利用料金を払う人、申し込みする人
    ※利用者:実際にスマホを使う人

通常、楽天モバイルの契約ができるのは20才以上の人です。

しかし、利用者登録をすることで、お子さんにもキャンペーンを適応できます。

 

別居の家族の家族割として

別居の家族も割引の対象になので、プラス割を家族割として使えます。

プラス割には『同一の住所であること』の制限がないためです。

つまり、以下のようなケースでも、プラス割の適応範囲内です。

プラス割が使えるケース

  • 夫が単身赴任で奥さんがスマホを契約
  • 親と就職で引っ越しした子どもがスマホを契約
  • 子どもと離れた両親がスマホを契約

このように、離れていても大丈夫。しっかりと、割引を受けましょう。

 

友達もプラス割の対象

プラス割は友達も対象になります。

理由は、プラス割は『2台目(2回線目)以降の割引』であり、『家族割』ではないためです。

これについては、楽天モバイルの公式にチャットでも確認しましたが、以下のように『対象である』との答えをもらいました。

【チャットの回答=友人も対象】

この通り、公式ページでも適用可能との答えをもらっていますので、友人にもプラス割は使えます。

 

3回線目以降もOK。回線の制限なし。

もちろん、3回線目以降もOKで、4回線目、5回線目と制限はありません。

2回線目が通話SIMの場合、2回線目を使ってさらに3回線目にプラス割のキャンペーンを適応できるためです。

これを繰り返せば、3回線目以降も割引を受けられます。

ちなみに、このやり方は正規のやり方で、公式ページでも解説してくれています。

【2回線目以降の申し込み(公式)】

 

1人で複数回線(複数SIM)も可

1人で複数回線を申し込みする場合でも、使えます。

つまり、以下のようなケースでプラス割が使えます。

プラス割が使えるケース

  • 2回線目をタブレット用にする(データSIM)
  • 2回線目をWi-Fiルータ用にする(データSIM)
  • 1回線目をプライベート、2回線目を仕事用で使う(通話SIM)

もちろん、1人で3回線目以降を申し込む事も可能。

非常にお得に、スマホ代を節約できます。

 

もり
対象が広く、申し込めばいつでも割引になる。
プラス割はとても使いやすいキャンペーンです。

 

 

プラス割の対象外は?【別居者の利用者登録】

プラス割の唯一の対象外は、別居者を利用者登録で申し込みたい場合です。

理由は、そもそもプラス割以前に、別居者を利用者登録することができないためです。

別居者の利用者登録とは?

別居者の利用登録とは、離れた場所に住む人(住所がちがう人)に楽天モバイルを契約して利用してもらうことです。

例えば、『親が1回線目の契約者』で『別居の子ども(未成年)』に利用させたい場合などです。

他にも、以下のようなケースでは利用者登録できないです。

プラス割対象外(利用者登録できない)

  • 学生寮に住む子ども(未成年者)のために契約
  • 奥さんのために、単身赴任中の旦那さんがクレジットカードで契約
    ※奥さん自身の契約はOK
  • 離れた場所に住む両親のために契約
    ※両親自身の契約はOK

このように、離れた場所に住む人(住所がちがう人)に対して、利用者登録できない(契約できない)ので、プラス割を使う事はできないです。

 

もり
逆を言うと、『住所がちがう』条件に当てはまらない人は、プラス割の対象です!

 

早速公式ページから申し込む!!↓↓↓
⇒楽天モバイル公式ページ

 

 

プラス割の申し込み&MNP手順

申し込みはとてもかんたん!4ステップでご紹介します。

ステップ1:MNP番号で1回線目を乗り換える

まず、1回線目をMNP番号で乗り換えます。

MNP番号は今の携帯会社へ電話すればもらえるので、以下の電話番号から電話しましょう。

各社の電話番号(MNP用)

  • ドコモ:0120-800-000
  • au  :0077-75470
  • ソフトバンク:0800-100-5533
  • Y!mobile:0570-039-151
  • UQモバイル:0120-929-818

乗り換えをもっとくわしく知りたい方は、楽天モバイルの公式ページがとても参考になります。

⇒公式ページからMNP手順を確認!

※新規で申し込みしたい方は、この手順は必要ないです。

 

ステップ2:公式ページから申し込みを進める

MNP番号がもらえたら、公式ページから申し込みします。

必要な資料は以下の通りで、手続きは10分で終わります。

必要資料

  • 支払い情報(クレジットカードなど)
  • 本人確認書類(免許証など)
  • MNP番号(乗り換えのみ)

 

ステップ3:申し込み完了のメールを受け取る

申し込みが完了すると、1時間くらいで楽天モバイルカスタマーセンターからメールが届きます。

そのメールに、『プラス割専用の申し込みのリンク』があります。

以下は私のメールですが、専用に申し込みリンクを用意してくれています。

【楽天モバイルからのメール】

 

ステップ4:MNP番号で2回線目を乗り換える

1回線目の申し込みが終わったら、2回線目を申し込みます。

『今の番号そのままで乗り換え』の場合は、1回線目のようにMNP番号をまずもらいましょう。

MNP番号がもらえたら、1回線目のメールにある専用リンクから申し込みます。

もし、お子さんのために『利用者登録』をしたい場合は、申し込み途中で利用者登録してくださいね。

利用者登録に必要なのは、以下の情報です。

利用者登録に必要な情報

  • 氏名(漢字)
  • 氏名(カタカナ)
  • 生年月日
  • 本人確認書類

そのまま登録を進めれば、キャンペーンを受けた状態で申し込みが完了します。

 

おまけ:3回線目以降もやることは同じ

ちなみに、3回線目以降もやることは同じです。

2回線目を契約するとメールが連絡されますので、そのメールの『プラス割キャンペーン案内』から申し込めば、契約完了です。

 

もり

申し込みはかんたん!
全て公式でガイドしてくれます。

 

↓↓手順確認&申し込み!!↓↓

楽天モバイル公式ページへ!

 

プラス割のQ&A【キャッシュバック時期や名義】

最後にプラス割のよくある質問や注意点をまとめました。

5000円のキャッシュバックはいつ受け取れる?

キャッシュバックできるのは、開通から3カ月後です。

申し込み後、2カ月経つと、その月の末日頃に楽天モバイルからメールが来ます。

そのメールから、振込用の銀行口座(あなたの口座番号)を登録すれば、楽天モバイルからキャッシュバックのが振り込みされます。

つまり、最短で3カ月後にキャッシュバックが受け取れます。

 

利用者登録すれば名義は1人でOK

プラス割で何人か申し込みたい場合でも、名義は1人で契約できます。

主回線はご自身(もしくは、クレジットカードを持った人)が契約する必要がありますが、利用者は契約者(名義人)ではないためです。

つまり、以下のように契約が可能です。

契約の状態

  • 1回線目:ご主人(契約者=名義人)
  • 2回線目:奥さん(利用者≠名義人)
  • 3回線目:息子さん(利用者≠名義人)
  • 4回線目:娘さん(利用者≠名義人)

このように、名義人(主回線)が1人でも、複数人の申し込みができます。

 

解約時の契約解除料について

契約期間内なら通常通り9,800円です。

キャンペーンを受けたとしても、それにより契約解除料が上がることはありません。

 

お友達紹介キャンペーンとは併用できない

プラス割はお友達紹介キャンペーンとは併用できないです。

お友達紹介キャンペーンとは、紹介した人(3,000ポイント)とされた人(1,500ポイント)にポイントがもらえる特典です。

プラス割の割引を受けた上で、お友達紹介キャンペーンでポイントをもらうことはできません。

しかし、プラス割の方が割引額が大きく(1万円お得)、お友達紹介キャンペーンは無視しても大丈夫です。

 

以上がよくある質問・注意点まとめでした。

 

もり
これで、プラス割の準備は完璧です!

 

 

プラス割の準備ができたら乗り換えよう!

さてこの記事では、プラス割の『メリット』『対象範囲』『申し込み手順』『注意点』をご紹介しました。

プラス割は割引額も大きく、幅広い人が対象範囲です。

上手に活用しながら、楽天モバイルへ申し込みしましょう!

 

もり
申し込みは公式ページから今すぐ!
手続きは10分で終わります。

 

↓↓手順確認&申し込み!!↓↓

楽天モバイル公式ページへ!

 

 

-楽天モバイルのキャンペーン

Copyright© 得する!楽天モバイル情報サイト , 2020 All Rights Reserved.