楽天モバイルの端末

【キッズ携帯と比較】楽天モバイルを子ども用で契約。「Rakuten UN-LIMIT」がおすすめな理由


「子ども用に携帯やスマホを買いたい」

「楽天モバイルは子ども用におすすめ?」

こう考える方は、この記事を見てくださいね。

 

もり
こんにちは!管理人のもりです。

今回は、楽天モバイルと子ども用のスマホについてご紹介します。

キッズ携帯とも比べていきます。

 

この記事の内容

  • 子ども用で使うメリットデメリット
  • 子ども用におすすめのスマホ
  • よくある質問や注意点など

 

 

楽天モバイルを子ども用で使うメリット

 

まず楽天モバイルのメリットを、『キッズ携帯』や『ジュニアケータイ』、『みまもりケータイ』と比較し、ご紹介します。

 

メリット1:12歳までの年齢制限なし

まず、楽天モバイルは年齢制限なしで利用可能です。

ドコモのキッズケータイの場合は、12歳までの年齢制限があります。

つまり、お子さんが12歳を超えると、キッズケータイからスマホに機種変更する必要があります。

【ドコモ公式ページからの引用】

  • キッズケータイの利用者が12歳以下のお子さまであること
  • お申込みは12歳のお子さま1人につき1回線に限る
  • ご利用者が13歳以上の方に変更された場合、キッズケータイプラスのご契約を継続することはできません

※引用元:ドコモ公式ページ

 

厳しい条件のため、結局で解約しなければいけません。

なお、auやソフトバンクにも同じような条件があります。

  • auのジュニアケータイ
    ⇒小学生以下のお子さんが対象
  • ソフトバンクのみまもりケータイ
    ⇒12歳以下のお子さんが対象

 

機種変更の手間を考えると、楽天モバイルがおすすめです。

 

メリット2:契約期間のしばりが少ない

ドコモ、au、ソフトバンクは、子ども用携帯と言っても自動更新の2年しばりがあります。

つまり、2年に1回の更新タイミングで解約をしないと、1万円の解約手数料がかかります。

 

楽天モバイルは契約の更新がないので、いつでも解約できます。

【楽天公式より引用】

月のどのタイミングでも即時ご解約が可能です(最低利用期間はございません)。

通信契約の解除による契約解除料は発生いたしません。

※引用元:楽天モバイル公式

 

このように、契約によるしばりが少ないのが、楽天モバイルのメリットですね。

 

メリット3:親が楽天モバイルの利用者の必要がない

キッズ携帯の場合、そもそも親がドコモを契約していないと、子どもは契約できません。

この内容は、ドコモの公式ページでも書かれています。

【ドコモのプラン引用】

代表回線でカケホーダイプラン/データプランのご契約がある場合のみご契約可能で、単独でのご契約はできません。

※引用元:ドコモ公式ページ

 

つまり、親が節約のために携帯会社を解約したい時でも、子どもがキッズケータイを契約していると解約できません。

また、他の携帯会社でも似たデメリットがあります。

  • auのジュニアケータイ
    ⇒お子さんを探す、『いますぐサーチ』が使えない
  • ソフトバンクのみまもりケータイ
    ⇒ドコモ同様、契約できない

 

とても不便です。

逆に、楽天モバイルは親が契約し、子どものみで利用が可能なので、お互いの契約を切り離して考えられるメリットがあります。

 

メリット4:スマホはGPS付き。位置共有もできる

「キッズケータイのメリットはGPSでは?」って、考える方もいるかもしれません。

しかし、それはちがいます。理由は、キッズ携帯の『イマドコサーチ(GPS機能)』は別途追加料金がかかるためです。

具体的には、以下の料金です。

【GPS機能の利用料】

サービス 料金
月額使用料 200円/月
検索料 5円/回

 

このように、『利用料+1回あたりの検索料』がかかります。

 

一方で、楽天モバイルのもの含め、最近のスマホは全てGPS機能が付いています。

つまり、『Google Mapの現在地の共有』で、リアルタイムでお子さんの位置が分かります。

【Google Mapの位置共有】

Google Mapの位置共有.png

 

この機能のメリットは、以下の通りです。

  • お子さん側でGoogle Mapを起動していなくても、位置共有できる
  • Google Mapを起動していなければ、バッテリー消費は早くない
  • 利用料は無料(もちろん、検索も無料)

※引用元:https://igozutt.com/gps-share/

 

メリット5:子ども用の利用制限ができる

楽天モバイルではスマホであっても、子どもの利用制限や利用状況の確認ができます。

それが、あんしんコントロール by i-フィルターのサービスです。

【あんしんコントロール by i-フィルター】

 

主な機能は以下の通りです。

  • インターネットの利用制限
  • 利用状況の確認
  • 利用時間の制限
  • アプリフィルタによるアプリ制限
  • 位置情報の履歴の表示

 

この通り、『スマホの使いすぎ』や『予期せぬ行動』を防いでくれる、サービスがあります。

 

メリット6:キャンペーンがとても多い

最後のメリットは楽天モバイルのキャンペーンです。

他のスマホ会社に比べて、キャンペーンがとても多いのが特徴ですね。

月額料無料や、ポイントを合わせると、53,560円分くらいお得になります。

【楽天モバイルの特典】

項目 値段換算
月額基本料無料(1年) 2,980円×12カ月
ポイント付与(スマホ購入) 14,500ポイント
ポイント付与(申し込み) 3,300ポイント
合計 53,560円分お得

 

この通り、楽天モバイルの特典はとてもメリットがありますね。

 

もり
スマホの制限ができて、GPS機能付き。

特典が多いのがメリットです。

 

 

 

楽天モバイルを子ども用で使うデメリットは?

 

楽天モバイルで子ども用を使う、デメリットもご紹介しておきます。

 

デメリット1:防犯ブザー付きの端末はない

『キッズケータイ』には、以下のように防犯ブザーが付きます。

【キッズケータイの防犯ブザー】

 

しかし、楽天モバイル含め、スマホには防犯ブザーはありません。

なので、防犯ブザーは自分で買う必要があります。

 

防犯ブザー自体は、Amazonや楽天市場では1,000円前後でした。

必要に応じて、調達しましょう。

 

2.ケータイではなくスマホのみ

Rakuten UN-LIMITで買える端末は、全てスマホです。

キッズケータイやジュニアケータイなどの、『携帯電話』は楽天モバイルにはありません。

また、SIMフリーの携帯電話(ガラケーやガラホ)の動作保証はされていないので、楽天モバイルを申し込む際はスマホを選びましょう。

 

以上が楽天モバイルのデメリットです。

 

もり
デメリットをしっかり理解し、申し込みしよう。

利用の流れは公式ページをチェック!

 

Rakuten UN-LIMITは1年間無料!

楽天モバイル公式ページ

<公式の申込みページへ>

 

 

 

子ども用おすすめスマホ3選と料金見積

 

楽天モバイルで選べるスマホは非常に多いです。

なかでも、子ども向けとしておすすめのスマホを、おすすめ順に3つご紹介します。

 

おすすめ度Xperia Ace

 

一番のおすすめは、2019年5月に発売のSONYのXperia Aceです。

こちらは、楽天モバイルの中でも小型のスマホ。子どもでも扱い安いです。

防水機能もあります。

 

その他のポイントは以下。

  • 普段使いできるスペック
  • GPS付き
  • 急速充電
  • 画面が大きく、使いやすい
  • スマホ代が小さく使いやすい
  • 楽天モバイルの自社回線に対応
  • 防水ありで、水の中に落としても平気

 

月あたりの利用料は、以下の通り。

【楽天モバイルでの料金】

項目 値段
スマホ代 2,075円/24回
月額基本料 2,980円
あんしんコントロール by i-フィルター 300円
合計 5,355円

※月額基本料=Rakuten UN-LIMIT

 

おすすめ度Rakuten Mini

 

続いては、Rakuten Miniです。

ポイントはとにかく安い事ですね。

2万位円以下でスマホが買えて、小さいスマホなので持ちやすいのも特徴です。

 

  • 普段使いに問題なし
  • 小さくて持ちやすい
  • GPS付き
  • とにかく安い
  • 楽天モバイルの自社回線に対応

 

月あたりの利用料は、以下の通り。

【楽天モバイルでの料金】

項目 値段
スマホ代 825円/24回
月額基本料 2,980円
i-フィルター 300円
合計 4,105円

※月額基本料=Rakuten UN-LIMIT

 

おすすめ度:AQUOS sense3 lite

楽天モバイルで一番おすすめなのが、SHARPのAQUOS sense3 liteです。

SHARPの人気シリーズ『AQUOS sense』で、2019年10月に発売されました。

こちらも3万円以下とリーズナブルながら、基本性能が網羅されている人気のスマホです。

  • 普段使いに問題ないスペック
  • もちろんGPS付き
  • 防水ありで、水の中に落としても平気
  • 耐衝撃試験を実施していて、落下にも強い
  • 楽天モバイルの中でも色のバリエーションが多い
  • 困った時には、SHARPの専用問い合わせ先あり
  • 楽天モバイルの自社回線にも対応

 

さらに、このスマホはキャンペーン付きで、安くスマホが買えます。

月あたりの利用料は、以下の通り。

【楽天モバイルでの料金】

項目 値段
スマホ代 1,242円/24回
月額基本料 2,980円
i-フィルター 330円
合計 4,522円

※月額基本料=Rakuten UN-LIMIT

 

以上がおすすめのスマホ3選です。

どれも、キャンペーン割引で安く、値段の割には使えるスマホです。

 

もり
キャンペーン品は在庫切れの可能性あり。

すぐに公式ページでスマホをチェックしよう!

 

\Rakuten UN-LIMITは1年間無料

 

 

 

よくある質問・注意点まとめ

 

最後によくある質問・注意点まとめです。

 

学生証は本人確認書類に使えない

楽天モバイルでは、『運転免許証』『保険証』『マイナンバーカード』など、たくさんの書類が本人確認用として使えます。

ただし、『学生証』は本人確認書類として使えないです。

 

このことは、楽天モバイル公式ページでも書かれています。

ちなみに、使える書類は以下の通り。

【使える本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード(写真付き)
  • 身体障がい者手帳(住所記載があるもの)
  • 精神障がい者保健福祉手帳

 

運転免許証が一番準備しやすいですね。

上記の書類を持っていない場合、以下の書類+補助書類で申し込みができます。

【本人確認書類】

  • 健康保険証
  • 日本国パスポート
  • 住民基本台帳カード

【補助書類】

  • 公共料金の請求書・領収証(電気・都市ガス・水道のどれか)
  • 住民票
  • 届出避難場所証明書

 

Rakuten UN-LIMITに利用者登録はなし

最後に、Rakuten UN-LIMITには、子どもの利用者登録はありません。

過去の楽天モバイルには利用者登録はありましたが、Rakuten UN-LIMITからなくなりました。

Rakuten UN-LIMITは利用者登録を気にせず申し込みしましょう。

 

もり
注意点に気をつけて申し込みしよう。

 

 

 

【まとめ】楽天モバイルと子ども用のスマホ

 

さてこの記事では、楽天モバイルが『子ども用としてもおすすめな理由』と『おすすめスマホ』、『注意点』をご紹介しました。

改めますと、楽天モバイルは子ども用としてもおすすめです。

 

理由は、『親と子どもで独立して契約できる』『契約条件がやさしい』『GPSや利用制限も使える』『特典が多い』の、多くのメリットがあるためです。

 

もり
公式ページは以下のリンクから。

Rakuten UN-LIMITはお得ですよ。

 

Rakuten UN-LIMITは1年間無料!

楽天モバイル公式ページ

<公式の申込みページへ>

 

 

-楽天モバイルの端末

Copyright© 得する!楽天モバイル情報サイト , 2020 All Rights Reserved.