楽天モバイルのキャンペーン

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」は楽天学割の割引はある?【学生のメリットは?】


「楽天モバイルへの申し込みを考えている」

「学生はおトクになるのかな?」

こう考える方は、この記事を見てくださいね。

 

もり
こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、Rakuten UN-LIMITと学割をまとめました。

 

\Rakuten UN-LIMITは1年間無料

 

【まず結論】Rakuten UN-LIMITの学割について

 

それでは、まず結論からです。

公式やキャンペーンページを調べましたが、Rakuten UN-LIMITに学割はありませんでした。

 

楽天には楽天学割と呼ばれる、学生向けの割引がありますが、楽天学割にはRakuten UN-LIMITは含まれません。

具体的な、楽天学割の特典は以下。

【楽天学割の特典】

  1. クーポンで送料無料
  2. 楽天ブックス、楽天ファッション、楽天TVの利用ポイントが2倍
  3. 楽天トラベル、楽天カード、楽天ビューティー、楽天ラクマのポイント特典

 

この通り、楽天学割にはRakuten UN-LIMITは含まれません。

 

しかし、Rakuten UN-LIMITは、実際学生でもかなりお得なプランです。

Rakuten UN-LIMITには、4つの大きな特典があるためです。

【Rakuten UN-LIMITの特典】

  • オンライン契約+Rakuten LINK
    ⇒3,000楽天ポイント
  • Rakuten LINKの利用
    ⇒3,300楽天ポイント
  • スマホの新規購入
    ⇒9,500円~楽天ポイント
  • プラン料金
    ⇒1年間無料

 

つまり、Rakuten UN-LIMITの契約で、約5万円分ぐらいお得になります。

他のスマホ会社のような学割はありませんが、元々スマホ代が安くかなりお得です。

 

なので、私はRakuten UN-LIMITをおすすめします。

 

もり
お得ですよ。

 

Rakuten UN-LIMITは1年間無料!

楽天モバイル公式ページ

<公式の申込みページへ>

 

 

 

 

ここからは、楽天モバイルの旧プランの内容です。

すでに終了しているサービスなので、あくまで参考までにしておいてくださいね。

 

楽天モバイルは『楽天学割』で割り引きあり

 

楽天モバイルは『楽天学割』でおトクに申し込みできます。

『楽天学割』とは?

楽天学割とは学生限定の、楽天系の割引サービスです。

この『楽天学割の会員になって申し込み』すると、楽天モバイルの月額基本料が3カ月分無料になります。

 

具体的にオトクになる料金は?

料金の計算はかんたんです。

例えば、『スーパーホーダイのプランS』を『2年契約』で申し込むと、5,940円の割引になります。

具体的な計算式は、以下の通り。

具体的な計算式

月額基本料=1,980円

割引計算式=1,980円×3カ月分

トータル割引=5,940円

ちょっと高価なスマホケースが買えるくらいの料金は割引されますね。

 

他の携帯会社の学割とのちがい

他の携帯会社の学割との一番のちがいは、『楽天学割』の割引の一部に『楽天モバイルの割引』があると言うことです。

つまり、楽天モバイル単体の契約には、学割は存在しないと言うこと。

言い換えると、楽天学割の会員にならないと、楽天モバイルの割引を受けられません。

 

楽天学割で楽天モバイルを割り引くための条件は?

楽天学割で楽天モバイルの割引を受けるための条件は3つです。

学割を受けるための条件

  1. 対象者が20~25歳である
  2. 対象者が学生である
  3. 対象者が契約する

楽天学割そのものは、15~25歳の学生であれば申し込みできます。

ただし、楽天モバイルを契約するためには、20歳以上である必要があります。

なので、楽天学割の会員になった上で、楽天モバイルを契約するためには、20~25歳の学生である必要があります。

 

楽天学割を使った申し込み手順

まず、楽天モバイル公式のトップページから『キャンペーン/特典一覧』へ移動します。

キャンペーンページの一番下の『楽天学割の特設ページ』から楽天学割の会員になります。

【楽天学割の特設ページ】

楽天会員になると、楽天会員の専用ページから楽天モバイルの申し込みができます。

その専用ページにある申し込みボタンから、楽天モバイルの『通話SIM』を申し込みすると学割を受けられます。

 

もり
楽天学割になってから、学生本人が申し込み。
他の携帯会社と少しちがうことを理解しておこう!

 

↓↓早速公式ページへ行く方はこちら!↓↓

楽天モバイル公式ページへ

 

 

楽天学割で楽天モバイルを申し込むメリット

メリットを2つご紹介します。

期間がなく、年中申し込みできる

他の携帯会社は新入生の期間(多くは12月から~5月)のみの割引が多いです。

しかし、楽天学割は年中、いつ申し込んでも割引を受けられます。

なので、新入生に移行するタイミングでなくても、好きな時期に申し込みすればOKです。

 

楽天モバイル以外の楽天サービスも対象

楽天学割は楽天モバイルの割引だけではありません。

以下のように、他の楽天系のサービスにもメリットがあります。

楽天学割のメリット

  • 楽天市場の送料無料クーポンが使える
    ⇒1,000円以上の購入金額で送料が700円以下の場合、学割対象の商品が送料無料。
  • 楽天ポイントが貯まりやすい
    ⇒楽天ブックスのポイントが10倍。楽天ブランド商品のポイント2倍。など。
  • 楽天トラベルのクーポンがもらえる
    ⇒楽天トラベルが1,500円OFF。

このように、利用者にとってメリットのある特典がいくつか用意されています。

 

もり
楽天サービス利用者は、とてもおトク!

 

 

楽天学割のデメリットや注意点

メリットとは逆に、デメリットや注意点もあります。

3つご紹介します。

学生が楽天モバイルの契約者になる必要あり

楽天モバイルで楽天学割を受けるためには、対象の学生が契約する必要があります。

つまり、学生名義の『クレジットカード』『デビットカード』『銀行口座』のどれかが必要です。

楽天モバイル自体は、親が契約し、子どもが利用することもできますが、その場合は楽天学割を受けられません。

もし、支払い情報を持っていない場合は、『クレジットカード』『デビットカード』『銀行口座』どれか1つを作りましょう。

例えば、楽天カードであれば、アルバイトをしていない学生でも作ることができます。(楽天カードの公式はこちら

 

メールアドレスも必要

楽天モバイルの申し込みには『メールアドレス』も必要です。

つまり、学生自身がメールアドレスを持っている必要があります。

すでにスマホやパソコンを使っている学生さんであれば、メールアドレスは持っているかもしれませんが、無い方は作ってから申し込みしましょう。

 

年齢制限があり、あくまで学生のみ

上にも書きましたが、申し込みできる年齢は20~25歳で学生のみです。

他の携帯会社は年齢制限のみが多いですが、楽天学割は学生であることも条件になります。

楽天学割の会員登録には、学生証のアップロードが必要で、学生以外は受け付けてくれないです。

 

もり
メリット・デメリットを理解して申し込もう!

 

↓↓申し込みは公式ページから!↓↓

楽天モバイル公式ページへ

 

 

学割の条件に合わないなら利用者登録で申し込み

契約者にならずに、学生が楽天モバイルを使う方法をご紹介します。

利用者登録での申し込みとは?

利用者登録での申し込みとは、契約者と利用者を分けて申し込むことです。

契約者と利用者を分けることで、『クレジットカードや口座を持たない学生』『未成年の学生』でも申し込みができます。

契約者と利用者のちがいは以下の通り。

契約者と利用者のちがい

  • 契約者(名義人)
    ・・・スマホ代を支払っている人(口座やカードを持っている)
    ・・・実際に申し込みした人
  • 利用者(使用者)
    ・・・実際に使っている人

つまり、親の名義で契約し、学生が楽天モバイルを利用することができます。

 

利用者登録での申し込み方法は?

利用者登録での申し込みは、楽天モバイル公式ページからです。

通常の申し込みと同じように、住所や氏名、支払い情報の登録を進めると、契約できます。

利用者登録での申し込みと、本人の申し込みとのちがいは以下の3つです。

利用者登録と本人申し込みのちがい

  1. 『ご自宅かんたん本人確認』は使えない
    ・・・『ご自宅かんたん本人確認』は使えないので、本人確認書類は写真に撮ってアップロードしましょう。
  2. 利用者の情報入力が必要
    ・・・利用者の『氏名』『生年月日』『性別』を入力する必要があります。
  3. 『i-フィルター(オプション)』の申し込みが必要
    ・・・未成年で18歳未満の場合は、スマホの利用制限ができるi-フィルターの申し込みが必要です。

もし『MNPによる乗り換え』をしたい人は、以下の記事でもその方法や注意点をまとめているので、参考にしてみてください。

楽天モバイルへ未成年の利用者登録でMNP乗り換え!【契約名義の変更や注意点は?】

 

利用者登録での申し込みの注意点は?

利用者登録では、残念ながら学割は受けられないです。

そもそも、楽天モバイルは他の携帯会社比べて、『端末の割引キャンペーン』や『ポイントキャンペーン』で優遇されています。

学割が受けられないからと言って、損をするようなキャリアではないです。

 

もり
そもそも、楽天モバイルはお得!
利用者登録の申し込みでも損なしです。

 

公式ページは以下リンクをクリック↓↓↓
⇒楽天モバイルを一番お得に申し込む!

 

 

楽天学割よりもお得な『プラス割』とは?

楽天学割よりもお得なキャンペーンがある

最後に、楽天モバイルには『プラス割』と言う、楽天学割よりもお得なキャンペーンがあります。

楽天学割が『月額基本料3カ月無料』に対して、プラス割は『月額基本料3カ月無料+スマホ代5,000円引き』のためです。

つまり、シンプルにプラス割の方が5,000円お得です。

また、楽天学割との併用もできないです。

 

楽天モバイルのプラス割とは?

キャンペーンの内容は2台目以降の月額基本料金が3カ月無料。さらに5,000円のスマホ代割引付きです。
(SIMのみなら、5,000円のキャッシュバック)

例えば、『スーパーホーダイのプランS』を申し込むと、10,590円の割引です。

割引の計算式

月額基本料金3カ月+5,000円引き

=5,940円+5,000円

=10,940円

楽天学割のほぼ2倍ですね。

 

プラス割のメリット

割引の他にも、以下のようなメリットがあります。

プラス割のメリット

  • 年齢関係なしで、2台目以降は未成年の学生でもOK
  • 親が契約し子どもに持たせられる
  • 親族でなくても、友人や同居人も対象になる

このように、楽天学割にはないメリットがあります。

 

もり
条件に合う方は、プラス割で申し込もう!
プラス割の詳細は以下の記事でもまとめています。

 

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」に家族割やプラス割はある?【複数回線の割引は?】

 

 

【楽天モバイル×学生】一番おトクに申し込もう!

さてこの記事では、楽天モバイルを楽天学割で申し込みするための、『メリット・デメリット』や『申し込み方法』をご紹介しました。

改めますと、以下の通りです。

この記事のまとめ

  • 学生が契約する場合
    ⇒『楽天学割』を使って申し込み
  • 家族で申し込む場合
    ⇒『プラス割』を使って申し込み
  • 学生のみ申し込む場合
    ⇒『利用者登録』で申し込み

ご自身の状況に合った形で、楽天モバイルを申し込みしましょう!

 

もり
いずれにしても、楽天モバイルはお得。
申し込みは10分で終わるので、今すぐ申し込みしよう!

 

↓↓申し込みは公式ページから!↓↓

楽天モバイル公式ページへ

 

 

 

-楽天モバイルのキャンペーン

Copyright© 得する!楽天モバイル情報サイト , 2020 All Rights Reserved.