楽天モバイルの料金/支払い

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」に長期割はある?2年目、3年、4年目の月額料金は?


「楽天モバイルへの申し込みを考えている」

「2年目以降、3年目や4年目の料金はどうなる?」

「割引の仕組みは?」

こう考える方は、この記事を見てくださいね。

 

もり
こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、Rakuten UN-LIMITの料金の仕組みをご紹介します。

 

 

【まず結論】Rakuten UN-LIMITの長期割や2年目以降の料金は?

 

それでは、まず結論からです。

 

Rakuten UN-LIMITに長期割はありません。

つまり、2年目以降もずっと、月あたり2,980円です。

 

ただし、Rakuten UN-LIMITには、1年間無料のキャンペーンがあります。

長期的な割引はありませんが、やはり1年間無料の特典はかなり大きいです。

 

2,980円×12カ月=35,760円分お得なので、Rakuten UN-LIMITへの申し込む価値はあります。

 

もり
Rakuten UN-LIMITはとてもお得ですよ。

 

Rakuten UN-LIMITは1年間無料!

楽天モバイル公式ページ

<公式の申込みページへ>

 

 

 

 

ここからは、楽天モバイルの「旧プラン」の料金についてです。

すでに、長期割りなどのキャンペーンは終わっていますので、あくまで参考まで。

 

楽天モバイルは長期割で月額料が下がる?

 

まず、楽天モバイルは元々安いですが、長期割で割引額さらに月額料が割り引きになります。

 

長期割の割引額と最低利用期間

長期割は『長期割=なし』『長期割=2年』『長期割=3年』の3種類から選べます。

割引額によって、最低利用期間(契約期間)が変わります。

 

ようは、長く使えば、お得になりますよ。って事ですね。

長期割と最低利用期間を以下でまとめました。

 

【割引まとめ】

長期割 最低利用期間 割引額
なし 1年 1年
2年 2年 500円/月
(2年間)
3年 3年 1,000円/月
(2年間)

 

どの割引を選んでも『2年間』割引される

長期割のメリットはどの割引を選んでも、2年間ずっと割引される。って事です。

なので、長期割で2年を選んでも2年間ずっと500円引きですし、長期割で3年を選んでも2年間ずっと1,000円引きされます。

 

月あたり500円とか1,000円って聞くと、少なく聞こえるかもしれませんが、2年間だと結構な金額になります。

2年間の割引合計を以下にまとめました。

長期割 2年間合計
2年 12,000円
3年 24,000円

 

2年間の合計だと、例えば、キャリアの解約金(9,500円)とか、安いスマホ代くらいの料金は変わってくるって事ですね。

 

変わるのは契約期間で解約金は同じ

長期割は2年、3年と契約期間はちがいますが、解約金は同じです。

どの契約期間を選んでも、契約期間内の解約は9,800円です。

【解約金】

長期割 解約金
なし 9,800円
2年
3年

 

トータル料金では3年を選ぶのが一番お得

『割引額が大きい』『解約金は同じ』理由から、長期割は3年を選ぶのが一番お得です。

長期割の割引額が解約金よりも大きいためです。

 

分かりやすくするために、以下の表にまとめました。

【割引額と解約金】

長期割 割引額トータル 解約金
なし なし 9,800円
2年 12,000円
3年 24,000円

 

このように、長期割の3年であれば、割引トータルの24,000円に対して解約金が9,800円になります。

つまり、途中で解約したとしても、長期割3年が一番お得な割引プランになります。

 

もり
割引が一番お得なのは、長期割3年ですね。

 

↓↓申し込みは公式ページから!↓↓

楽天モバイル公式ページへ

 

 

【2年目以降】月額料金と年間料金はどうなる?

 

「お得なのは分かったけど、結局いくらになるの!?」って方も、いると思います。

ここからは、トータル料金を計算していきます。

 

『長期割=なし』の1~3年目の料金

長期割を選ばずに、楽天モバイルを申し込んだときの料金です。

ハッキリ言って長期割りなしでも、かなり料金は安いです。

 

表にまとめてみました。

 

このとおり、長期割りなしの料金は1~2年目の料金は、2,480円です。

3年目以降(つまり、4年目も5年目も)は、2,980円になります。

 

年間料金も計算してみました。

1~2年目の料金は3万円以下、3年目以降は3.5万円でスマホが使えます。

長期割りなしでも、かなり安いことが分かると思います。

 

『長期割=2年』の1~3年目の料金

続いて、長期割を2年にしたときの料金シミュレーションです。

割引なしの時と比べて、1~2年目は3分の2の料金でスマホが使えます。

 

長期割=2年の場合、1~2年目の料金は1,980円と、スマホ代としてはかなり安く使える事が分かります。

3年目以降(4年目、5年目・・・)は、割引なしの料金である、月あたり2,980円でスマホを使えます。

 

年間の料金は以下の通りです。

 

1年目と2年目の料金は、1年間を通しても2.5万円以下です。

長期割=なしよりも、かなりお得にスマホが使える事が分かります。

 

『長期割=3年』の1~3年目の料金

続いて、長期割を3年で選んだときの料金です。

もちろん、長期割3年がスマホ代を一番節約できます。

 

割引なしの時と比べて、スマホ代は半額になります。

 

具体的に、長期割=3年の場合の1~2年目の料金は1,480円です。

3年目以降は、他と同じように2,980円ですね。

 

年間の料金も計算してみました。

 

1年目と2年目の料金は、1年間を通しても2万円以下です。

スマホ代としては、かなりお得な料金設定ですね。

 

結局、『長期割=3年』がお得

結局、『長期割=3年』が一番お得です。

上でもご紹介しましたが、最低利用期間が延びたとしても、それを超える割引をもらえるためです。

 

改めて割引額をご紹介すると、以下の通り。

解約金よりも、割引額が大きいことが分かります。

【割引額と解約金】

長期割 割引額トータル 解約金
なし なし 9,800円
2年 12,000円
3年 24,000円

 

以上が、長期割とその料金でした!

 

もり
一番料金が安くなるのは『長期割=3年』最低利用期間が延びてもお得!

 

公式ページは以下のリンクから↓↓↓
⇒一番お得に楽天モバイルを申し込む!

 

 

 

楽天モバイル×長期割の注意点

 

最後に楽天モバイル×長期割の注意点をご紹介します。

 

対象はスーパーホーダイのみ

楽天モバイルでは『スーパーホーダイ』と『組み合わせプラン』の2つのプランから選べます。

長期割を選べるのは『スーパーホーダイ』のみです。

 

申し込み時はスーパーホーダイを選びましょう。

長期割の他にも、『10分かけ放題付』『動画が見放題』などの、組み合わせプランにはないメリットがあります。

 

楽天会員には絶対になろう

もし、今の時点で楽天会員じゃない方は、楽天会員に絶対になりましょう。

楽天会員で楽天モバイルを申し込むメリットは、非常に大きいです。

楽天会員のメリット

  • 月額料が月あたり500円引き(2年間)
  • ポイントが支払い使える
  • 楽天市場のポイント+2倍
  • 登録費&会員費は無料

 

楽天会員は楽天モバイルの申し込み途中で、登録できます。

【申し込み途中で楽天会員へ】

 

ダイヤモンド会員は無理してならなくていい

楽天モバイルはダイヤモンド会員になることで、1年間500円引きのなるメリットがあります。

しかし、ダイヤモンド会員になる条件が厳しいので、無理してなろうとすると損します。

 

細かい条件は以下の通りですが、ざっくり言うと、『楽天系のサービスで月あたり約4万円使い』『それを6カ月続けて』なれる会員です。

ダイヤモンド会員の条件

  • ポイント獲得数が6カ月の合計で4,000ポイント以上
  • ポイント獲得回数が6カ月の合計で30回以上
  • 楽天カードを持っていること

 

普段から楽天のサービスを使ってない場合は、無理してならない方が結果的にお得です。

 

以上が、楽天モバイルと長期割の注意点でした。

 

 

 

楽天モバイルの長期割でスマホ代を節約しよう!

 

まとめです。

この記事では、楽天モバイルの長期割と2年目以降の料金をご紹介しました。

 

改めますと、楽天モバイルは2年間は同じ料金、3年目以降は割引なしの料金になります。

ただ、その分を差し引いても、料金に非常にメリットのある会社です。

 

これを機会に、スマホ代の見直しをおすすめします!

 

もり
おすすめは長期割の3年です。今すぐスマホ代を見直そう!

 

↓↓申し込みは公式ページから!↓↓

楽天モバイル公式ページへ

 

 

-楽天モバイルの料金/支払い

Copyright© 得する!楽天モバイル情報サイト , 2020 All Rights Reserved.